ホーム > 重要 > にっちもさっちも行かない時

にっちもさっちも行かない時

民事再生という手段は住宅ローンを含めて多重の債務に苦しんでいる利用者を対象としてマイホームを手放さずに金銭管理の面で再建するための法的な謝金の整理の手段としてスタートしたルールです。

 

この法律には、破産宣告と違って免責不許可となる条件はありませんので賭け事などで借金がふくらんだのであっても民事再生手続きは可能ですし破産手続きが理由で業務不可能になってしまうような立場で仕事をしているような場合でも民事再生は可能です。

 

破産の場合は、マンションを対象外にすることはできませんし、任意整理等では、元金自体は返済していくことが要求されますので住宅のためのローンも払いつつ返済をしていくことは多くの人の場合簡単ではないと思われます。

 

ただ、民事再生という手続きを選択することができれば、住宅ローンなどのほかの借金については負債を減額することも可能なため余裕がある状態で住宅ローンなどを返済しながら借入金を返済し続けることが可能というわけです。

 

といっても、民事再生は任意整理による手続きや特定調停といった処理と違って一部分の負債だけを除き処理していくことは無理ですし破産手続きにおけるように負債が帳消しになるということでもありません。

 

さらに、別の債務整理と比べると簡単には進まず手間が必要ですので、住宅のためのローンが残っていて住んでいるマンションを維持していきたい場合など以外において破産申告などのそれ以外の選択肢がない時だけの最後の手段と見ておいた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 薄毛解消の為に頭皮環境のセルフケアもしよう

    薄毛の悩みは人それぞれで、M字ハゲや頭頂部の薄毛に悩んでいる方もいますし全体的に...

  2. にっちもさっちも行かない時

    民事再生という手段は住宅ローンを含めて多重の債務に苦しんでいる利用者を対象として...

  3. テスト

    テスト記事です。...